「森公美子、七瀬なつみ、中島陽典、き乃はち、小林由佳、亜久里夏代、松原凜子、小瀧万梨子、杉浦奎介、尾川詩帆、小山田真、若松武史、上條恒彦の所属(事務所)プロダクションはケイセブン中村屋」

ブログ

芸人さんには

2008/5/26

芸人さんには

ナルシスト型と反ナルシスト型があるように思われます。ツッコミの方はナルシスト型が多く、ボケの方は反ナルシスト型が多いようです。で、写真の芸人さんは、典型的なナルシスト型芸人さんで、本人もそれを目指しているように感じられます。このタイプの芸人さんは、役者をやらせるとソツなくこなしてくれます。

このクレーン車が

2008/5/22

このクレーン車が

持ち上げているのは「階段」です。

正確は

2008/5/21

正確は

木の葉と少子でした。

これは

2008/5/21

これは

何のオブジェかしらん?

南木佳一著「こぶしの上のダルマ」の中に

2008/5/14

南木佳一著「こぶしの上のダルマ」の中に

─剛毅木訥というのにはほど遠く、どちらかといえば多弁なくせに、肝心なところにくると自分自身の言葉を持たず、相手に押し切られれば、あとで、陰で雄弁な悪態をつく。そういうタイプの男だった─という一節があった。自分のことかと思い、ヒヤリとした。

上空より

2008/5/12

上空より

舞い降りた葉っぱが、地面に突き刺さった瞬間。

伊藤たかみ「盗作」より(三)

2008/5/9

伊藤たかみ「盗作」より(三)

──人はこの世に生まれつくとき、いくつかの可能性を持って生まれるかもしれないが、編み出す物語はひとつしかない。些細なことは変わっても、人一人の背負える物語はひとつしかないのだ──

伊藤たかみ「盗作」より(二)

2008/5/8

伊藤たかみ「盗作」より(二)

──言っても了解できないかもしれないけどね。書けないことそのものが辛いんだよ。何か書いてないと辛いんだ。生まれつき、そういう身体にできてるんだろう、きっと。本にならなくても原稿料がもらえなくても、何かを書いていないと辛い。そうしていないと、世界から離れて、一人で突っ立っているような気がしてしまうから。上手く説明できないけど、そう、書いていないときは、とても孤独な気がする──

伊藤たかみ「盗作」より(一)

2008/5/7

伊藤たかみ「盗作」より(一)

──大人になると、選択肢ってのは減ってしまうもんでさ。人を選ぶにしても、仕事を選ぶにしてもそう。服だってそうだし、食べ物だってそうだし、恋愛だって。あらゆるもので、選択肢が少なくなるんだ。それ以外、えらべなくなるってときがあるんだよ──

シーサー

2008/5/2

シーサー

の語源は「獅子さん」からきているそうです。なんだか当たり前すぎてガッカリです。

Prev [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]  Next

▲ページのトップに戻る

HOME |  新着情報 |  所属タレント |  ブログ |  リンク集 |  会社概要 |  サイトマップ |  お問い合わせ